インストールしてあるプラグイン

今日現在で、WordPressにインストールしてあるプラグインを整理。

最初からインストールされているプラグイン

  1. Akismet
    WordPressにインストールされているSPAMフィルタ。
    Akismetのサイトでユーザー登録すると、認証用の”APIキー”を取得できる。
    このAPIキーを使用してこのプラグイン(Akismet)を有効化しないと、SPAMフィルタは適用されない。
  2. WP Multibyte Patch
    このパッチの説明によると、

    本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。
    英語圏で作られた WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅していますので、なんらかの対策を行っていない場合は導入をおすすめします。

    ということなので、マルチバイト圏では必須のプラグインらしい。

後でインストールしたプラグイン

  1. Coming soon and Maintenance mode
    サイトをメンテナスしたい時に、閲覧者がサイトにアクセス出来ない状態にできるプラグイン。
    苦労して見つけたプラグイン。Free版でも十分だが、Pro版を購入すると、このプラグインを有効にした状態で閲覧者がアクセスした時に、BGMや動画を再生する機能もある。
  2. TinyMCE Advanced
    ネタワンの説明に、

    TinyMCE Advancedは、WordPressのビジュアルエディタを拡張できるプラグインです。WordPressで利用できるWYSIWYGエディタ(ウィジウィグ・エディタ)です。
    エディタを拡張する様々な種類のボタンや機能が用意されており、エディタに追加したい機能を自分で選んで拡張できます。
    エディタの画面は日本語化されているので、初心者でも問題なく利用できます。

    とある通り、とても使いやすいプラグイン。
    欲を言うと、「テキスト・エディタ」のコードも増やして欲しかった。

  3. PS Disable Auto Formatting
    ビジュアルエディタとテキストエディタ(HTMLモード)を切り替えても、BRやPタグが自動除去されなくプラグインらしい。
  4. AddQuicktag
    ネタワンの説明では、

    頻繁に使用するHTMLタグの雛形をエディタに登録しておき、必要に応じて呼び出して利用できるプラグインです。
    このプラグインを利用すると、何度も同じHTMLタグを入力する作業が簡略化でき、記事を書くのが捗ります。
    このプラグインは、ビジュアルエディタとテキストエディタ(HTMLモード)の両方で利用できます。

    とあったので、追加した。

  5. Broken Link Checker
    自分のWebサイト内のリンク切れを自動的にチェックし、リンク切れを発見したらダッシュボードで教えてくれるプラグインのようだったので、追加した。

以上、7点。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です