Debianの起動とシャットダウン

実機または`Oracle VM VirtualBox`にインストールした`Debian GNU/Linux`の起動・ログイン・シャットダウンに関するメモです。

自分向けに作成したメモですので、表現がかなり乱暴です。
悪しからず。

起動&ログイン

Debianを実機にインストールした場合は、実機の電源を投入。

VirtualBoxにインストールした場合は、VirtualBoxマネージャーを起動し、[Debian Jessie]が選択されている状態で、[起動]をクリック。

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_00以下の様なGRUBブートメニューが表示されるので、そのままEnterキーを押すと、Debianが起動する。
Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_01Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_02Debianが起動すると以下の様なプロンプトが表示されるので、Debianのインストール過程で設定したログイン名(ユーザ名)を入力し、Enter。

login: ログイン名

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_03 Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_04続いて、パスワードの入力を促すプロンプトが表示される。
ここではDebianのインストール過程で設定したパスワードを入力し、Enter。

Password: パスワード

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_05入力したユーザー名とパスワードに誤りがなければ、以下の様な画面に切り替わり、ログインが完了する。
Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_06

コンソールにおける日本語表示問題

今回は、Debianを[コンソール環境の標準システム]でインストールしたので、コンソールで日本語を表示できない。
試しに、以下のように間違ったコマンドを入力すると、俗にいう「豆腐文字」が含まれたエラーメッセージが返って来る。

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_07このエラーメッセージは、コンソールの日本語環境で見ると、以下のように「コマンドが見つかりません」というエラー。
Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_08この「豆腐文字」を表示させないようにするには、以下のようにコマンドの前に`LANG=C`を置く。
$ LANG=C sudo ifconfig
    LANG=C      システムロケール
    sudo        Super User(管理者)で実行
    ifconfig    network InterFace 設定状況

なお、sudoコマンドを実行するとパスワードを聞いてくるので、Debianにログインする際に用いたパスワードを入力する。

今回と同じように実機に[コンソール環境の標準システム]でインストールした場合は、最初からインストールされている`fbterm`というコマンドを使い、
$ fbterm

 を実行すると、コンソールが日本語環境になる。
コンソールの日本語環境から抜けたい場合は、

$ exit

で、抜けられる。

 

Debianを[コンソール環境の標準システム]でインストールした場合は、TeraTermのように日本語に対応したターミナルソフトの設定を行い、遠隔ログインできる環境を整えたい。

ただし、今回はネットワークの接続環境を固定IPアドレスではなく、DHCPで設定したため、Debianに割り当てられているIPアドレスを確認する必要がある。

その確認は、以下のようにコンソールのプロンプトで

$ LANG=C sudo ifconfig

を実行する。

このコマンドを実行すると、以下のように表示される。

inet addr:192.168.3.12

が、割り当てられているIPアドレス。

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_09

/etc/sudoersの編集

先ほど`sudo`コマンドを用いたが、sudoするたびにパスワードを入力するのが面倒なので、sudo`コマンドを利用可能なユーザーを設定するファイル(/etc/sudowes)を編集する。

直接、以下のように

$ LANG=C sudo vi /etc/sudowes

するとシステムに怒られてしまうので、以下のように`visudo`というコマンドを用いる。

$ LANG=C sudo visudo

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_10`nano`というスクリーンエディタが起動し、`sudo`コマンドの設定ファイルである`/etc/sudoers`を読み込んでくれる。

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_11まず、キーボードのカーソルキーを使ってエディタ内のカーソルを最終行に移動する。
次に、以下のように

ユーザー名 ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL

の1行を入力する。

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_12なお、`/etc/sudoers`の構文は、JM ProjectMan page of SUDOERSが詳しい。

入力が終わったら、画面最下部・左にあるように、キーボードでCtrlキーを押しながらXを押す。
そうすると画面下部に以下の様なメッセージが表示されるので、キーボードでYを押す。

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_13更に画面下部に以下のようなメッセージが表示されるので、Enterキーを押す。

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_14以上で`/etc/sudoers`の編集が終了したので、以下のように`exit`または`logout`コマンドでログアウトし、再度ログインする。

$ exit

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_15ログイン後、再度以下のコマンドを実行し、パスワードを聞いてこなければ作業終了。

$ LANG=C sudo ifconfig

Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_16

システムのシャットダウン

Debianのシステムをシャットダウンする時は、以下のように`shutdown`コマンドを実行する。

$ sudo shutdown -h now
    -h    Halt      停止
    -r    Reboot    再起動
    now    -        直ちに

 Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_17Debian-8.1-Boot-VM_2015_0619_18

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です