DebianをUSBメモリでインストールする

現在所有しているノートPCは、Debian GNU/Linuxのインストーラでは認識できないデバイスを搭載しているようで、netinst.isoを焼いたCD-Rでインストールすると、途中で「ファームウェアをUSBメモリかSDカードなどに用意してください」というようなメッセージが出て、その先に進まない。

Debian GNU/Linux インストールガイド」の「ファームウェアが必要なデバイス」とか「見つからないファームウェアの読み込み」によると、http://cdimage.debian.org/cdimage/unofficial/non-free/cd-including-firmware/からnon-freeなnetinst.isoをダウンロードするのが確実の模様。

また、このノートPCを使い始めて3年を経過したのだけれども、つい最近「USBメモリから起動できる」というのがわかったので、Debian/GNU/LinuxをUSBメモリからインストールしてみたくなった。

USBメモリを使ってDebian/GNU/Linuxをインストールするには、「Debian GNU/Linux インストールガイド」の中に「USB メモリでの起動用ファイルの準備」という項目があり、その説明を参考にして、”Windows上でUSBメモリのインストーラを作成”する必要がある。

そんなわけで、non-freeなfirmware-netinst.isoとUSBメモリを使って、Debian GNU/Linuxをインストールするためのメモ。

  1. Windows上のddコマンドもどきの”Win32DiskImager“を予めインストールしておく。
  2. ノートPCのように”普通じゃない”デバイスが使われている場合は、non-freeなFirmwareのドライバが入った”firmware-netinst.iso“をダウンロードする。
  3. Debianのブートローダと最小限のシステムが入った”boot.img.gz“をダウンロード。
  4. boot.img.gzをWindowsのアーカイバソフト(フリーソフト)の”ExpLzh“を使って展開する。 そうすると、boot.imgが出てくる。
  5. 2GBかそれ以上で、FAT32で初期化済みのUSBメモリを用意。
  6. Win32DiskImagerを起動する。Debian_USB_2015_0604_00
  7. フォルダのアイコンをクリックし、boot.imgを選択する。Debian_USB_2015_0604_01
  8. USBメモリを接続した後、[Write]ボタンを押下する。Debian_USB_2015_0604_02
  9. 書き込みが終了したら、上記 2. でダウンロードしたfirmware-netinst.isoをUSBメモリにコピーする(展開ではなく複写であることに注意)。

以上で、Debian GNU/Linuxのインストール用USBメモリの作成は完了。 あとは、静かな環境でインストールするのみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です